昼用と夜用のアイプチどっちを選んだらいいの?

二重を作るアイテムとして代表的なものはアイプチです。

でも今だと昼用と夜用と使い時間帯が違ってきてるものも出ています。

 

昼用と夜用でも基本的な使い方はあまり変わりませんから、ぱっと見そこまで違わないように見えますが、夜用は就寝中に使うものですから、そういった時に必要な成分が入っていて、昼用のアイプチを夜に使っても、同じ効果が現れる事はありません。

 

ならばどういう違いがあるのかで、昼用と夜用、それぞれの特徴を解説していきます

 

昼用に使うアイプチの特徴とは?

アイプチとは二重を作るのが目的で使うものです。
ですから自分の望む二重を作るのに、使いやすくて粘着成分が強いものを使っている人も多いといわれています。

 

昼用のアイプチはこうやって二重の癖をつけるというよりは、二重を作るアイテムとして使われていますから、接着成分がメインになっている物が多いです。

 

最近になると、顔の皮膚の中でもデリケートなまぶたの事も考えられていき、保湿や美容の成分が入ったアイプチも色々と出てきていますが、基本的に昼用アイプチが必要とされるのは接着力の強さですから、お肌のケアに関してはそこまで効果の期待できる成分は入っていません。

 

ですから瞬きの少ない夜に二重の癖付けがやりやすいからといって、昼用アイプチを使ってしまうと肌が荒れたりむくみの原因になってしまったりなど、まぶた悪化させる結果になってしまう事もあるので、気を付けた方がいいでしょう。

 

夜用アイプチの特徴とは?

夜用のアイプチといっても、種類が色々あるので、値段の安いモノだったらぶっちゃけ昼用とあまり変わらないものもあるかもしれないですが、昼用アイプチと比較すると、お肌の事を考え抜かれた成分が沢山入っています。

 

例を挙げると、夜用のアイプチの中でも人気の高いナイトアイボーデUは、接着成分の他にも美容成分や、炎症を鎮めてくれる成分などもお肌のトラブルを予防するための成分や、成功や健康を良くするといった、むくみや脂肪償却の効果がある成分が入っているわけです。

 

ナイトアイボーデUは二重の癖付けをするだけではなく、二重の癖をつけやすくなるようにしたりしてくれるわけです。

 

製品によって配合されている成分も違っていますが、夜用のアイプチはこういった接着成分の他にも、お肌の事も考えられた成分も沢山入っています。

 

あと昼用アイプチだと夜に使うのはお勧めできませんでしたが、夜用だったら日中に使う事も出来ます。

 

しかし沢山ある夜用アイプチの中には、美容効果が高いので、接着効果があまり強くない場合があります。
自分の目的に合った物を使うのがいいでしょう。

 

こんな感じで昼用と夜用との違いはその成分にあるようです。
でも二重の癖が付いてくれれはそれでいいかなという考えの人も多いといわれています。

 

しかし昼用と夜用ではそれぞれの時間を考え、その用途に合わせて作られていますから、自分の目指す二重を手に入れるためには、やっぱり自分の肌に合った物を使うのが一番です。

 

あと夜用アイプチは色々な商品が出回っていますから、選ぶ時はその成分をちゃんとチェックして、あんまりお安いものは避けた方が良いかもしれませんね。

TOPへ