夜用アイプチの正しい使い方と注意する事

夜用アイプチを正しく使う方法を解説していきます。

夜用アイプチと昼間に使う普通のアイプチの使い方は、(まぁ付け方なんですが)
基本的に同じです。でもなるべくならトラブルがなく効果のある使い方があったりします。

 

効果的な使い方と注意するところをまとめて解説します。

 

夜用アイプチを使う時に注意する事

その1:まずはメイクをきっちりと落とす

まずはメイクを落としましょう。
普通のアイプチなら、メイクをするときに使うものですが、夜用アイプチはその逆でメイクをしていない素肌で使います。汚れやメイクや皮脂などが残っていたらきれいに付いてくれないので、ちゃんとメイクを落として顔を洗います。

 

 

その2:まぶたに油分が多かったら使用する前に化粧水などで拭き取りましょう。

 

これは夜用アイプチに限りませんが、アイプチはまぶたにしっかりと張り付けて二重の癖をつけるのがミソになっています。
それと夜用アイプチが癖が付きやすいといわれる理由の一つがその粘着力の強さがあります。(全ての夜用アイプチがそうとは限りませんが)

 

余計な油分やメイクの残りがあったりすると、しっかりとくっついてくれませんからそういったいみでも念入りに汚れは落としておきましょう。
※これはお肌の油分が多めでまぶたも油っぽいという人だけ気を付けて下さい。
お肌が弱かったり敏感肌、乾燥肌という人は逆にトラブルを生む恐れがあるのでまぶたの油分は摂りすぎないようにして下さい。

 

では夜用アイプチを使っていきましょう

 

夜用アイプチの正しい使い方

まずクレンジングと洗顔で顔の汚れをしっかりと落としていきましょう。

 

  1. 化粧水などでお肌の調子を整えます
  2. 肌の油分が多い人はまぶたの周りをコットンで拭き取って油分を落とします。
  3. 二重にするラインを決めて、それに合わせてアイプチを塗っていきます。
  4. 軽く乾くまで待ってから、付属のアイプッシャーを使い、10秒ほど二重の癖が付いた状態で待ちましょう。
  5. 二重の癖が付いたらアイプッシャーでラインを整えていきます。
  6. 目の周りを触らないようにして、そのまま過ごすか、寝てしまいましょう。

 

夜用アイプチといっても、使い方は基本普通のアイプチと同じです。
でもクセ付けをしっかりとするためには、ちゃんとくっつけることが大事です。
ですから、もう一度言いますが、しっかりとメイクや汚れを落としておきましょう。
二重にしたいラインをしっかり癖付けするためにも、二重の癖をしっかりつけておくのも大切です。

 

勿論夜寝る前に使いますが、家に帰ってからずっと使っているという人もいます。
そうした方は確かに効率も良くなりますが、家にいる時はメイクを早めに落として夜用アイプチを付けておくのもアリな方法ですね。

 

そしてもう一つ大切なのは、二重にした後は目の周りを触らない事です。
つい気になって触ったり、うっかり擦ってしまったりしそうになりますが、強く擦りすぎるとせっかく付けたアイプチが取れてしまったり、二重の癖の位置が変わってしまう事があるので、夜用アイプチで二重の癖をつけている間はとにかく絶対に触らないようにしましょう。

 

一度に書いてしまったので、ちょっと注意点が分かりにくくなってすいません。

 

ここで簡単にまとめていくと

 

夜用アイプチを使う時に注意しておくことのまとめ

 

メイクや皮脂などはしっかりと落としてから使う事

 

二重のラインはちゃんと決めておいて、それに合わせて使いましょう。

 

夜用アイプチを使ったら目の周りを絶対に触らない事

 

二重の癖をきれいに付けるためにはこれらは本当に大切な事になります。
ちゃんと注意しながら二重の癖をつけていくといいでしょう。

TOPへ